猫にメテオ

マンドラ鯖に生きるルガディン♀のFF14プレイブログ。たまにミスラも出てきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェアリー マイ フレンド③ フェアリー編

強力な魔法がもてはやされた戦乱の時代にあって、海兵を主力とする都市国家「ニーム」が独立を維持できたのは、軍学を修めた「学者」の指揮があればこそであった。使い魔「フェアリー」を操る学者は、傷ついた味方を癒しつつ潜在能力を引き出し、小国の自由を守り抜いたと伝えられている。


学者宣伝記事第3弾です


今日のテーマは
「フェアリーのアビリティ」
「フェアリーの挙動」
「これだけは押さえておきたいフェアリー操作」
となっております。




フェアリーのアビリティ



フェアリー・エオス

ヒーラータイプのペット
範囲リジェネ・被回復量アップ・魔防アップを備えている
学者本体にない独特のアクションを持っているのが粋でイナセ
(そのせいか本体とセットでようやく一人のヒーラーとして完成するきがするけど・・・)


光の癒し 威力300 対象のHPを回復する
消費MPは当然ゼロ

光の囁き 威力100 一定時間、自身と周囲のパーティメンバーのHPを徐々に回復する
範囲リジェネ。ラウズや後述のイルミと使うと非常に凶悪
学者と妖精はヘイトが別枠なので囁いても本体にヘイトが来ない

光って囁くのかな・・・意味が分からない・・・
FFにはガルーダの使う技で風の囁きってのが伝統的にあるんだけどソレに無理やりあてはめてるのかな??


フェイコヴナント 一定時間、自身と周囲のパーティメンバーの魔法防御力を20%上昇させる
効果時間は20秒と短め。学者の魔防の低さを補ってくれるうれしいバフ。
範囲は割と広めのようで結構離れていてもかかるのがうれしい。


フェイイルミネーション 一定時間、自身と周囲のパーティメンバーの回復魔法の回復量を20%上昇させる
コヴナントと同じく効果時間20秒。
鼓舞や士気に合わせるとバリアが増えるのはもちろん、白のケアルも効果が上がる!


フェアリー・セレネ

バファータイプのペット
自動癒しはもちろん、スペルスピードやスキルスピードを高速化する支援型。紫のニーハイ着用。



光の癒し 威力300 対象のHPを回復する
エオスの使うものと同じ。名前は同じだから紛らわしいけどマクロは別に作らなければならない。


光の沈黙 対象を一瞬だけ沈黙にし、詠唱を中断させる
学者って実は沈黙技あるんですよっ!しかも敵の特殊技にも自動で反応して撃ってくれる優れもの!!
ただしリキャストは40秒。もちろん止める技は指定できない。


フェイグロウ 自身と周囲のパーティメンバーのスペルスピードを30%上昇させる
30%といえなかなかな量かと思いきや結局は0.0何秒はやくなるだけ・・・
個人的にはそれほど必要ではないかなとおもってます・・・


フェイライト 自身と周囲のパーティメンバーのスキルスピードを30%上昇させる
グロウのスキル版。疾風のあるモンクさんはこれの影響を強く受けるらしいです。
それ以外のジョブにはあまり・・・
まぁ無いよりはマシなのでセレネ呼んでる時はつかいますが・・・

グロウとライトに関してはちょっとフリーファイトでやっておくとうまい具合に交互に使用します
常にどちらかのスピードが上がってる状態ですね!


エオスはボス戦でセミオーダー、セレネはIDなど道中で呼んでフリーファイトという風に使い分けています
バハの雑魚戦(1層道中、2層のボス以外の玉など)やクリタワの前半(ベヒの手前)あたりはセレネでイイ!


フェアリーはそれぞれ回復・強化のみのアクションしかとらず、攻撃手段を一切持っていません。
しかしAIによる自動回復をしてくれる上、MPの消費もなく無限に動き回ってくれます。
学者にとってとてもとても心強い仲間です

学者にはケアルラに相当するアクションはありませんが、フィジク+光の癒しでケアルラに相当する回復量が得られます
もちろん盾に両方使うのもいいですが、フィジクをDPSに・癒しは盾に等、白とは違ったパターンで味方を支援できます



ではフェアリーの挙動に関して

まずセミオーダーとフリーファイトという2種類があり、
そこからさらにピースとインターセプトに分かれます

セミとフリーは使用するスキルの種類が違います
フリーは全て自動でアクションを発動させ、またこちらの指示もきいてくれません
セミは癒しのみ自動で、ほかのアクションも指示を出すことができます


ピースとインターセプトの違いは「自動で使う」か「自動で使わない」の違いです

セミかフリーかであることとピースかインターセプトかであることは共存しています
妖精は常にこの4つの状態のどこかにあることになります。


スキルの使用範囲は以下の通り




フェアリーのアクション使用範囲
光の癒し光の囁きフェイイルミフェイコヴナント光の沈黙フェイグロウフェイライト
フリーファイト
(任意入力不可)
ピース自動××××××
インター自動自動自動自動自動自動自動
セミオーダー
(任意入力可)
ピース自/手手動手動手動手動手動手動
インター自/手手動手動手動手動手動手動



フリーファイトでインターセプトならいわゆる「スキル垂れ流し」です


一方セミオーダーでピースなら癒しのみ自動で行いつつ、こちらの指定した相手を回復もできるし
任意のタイミングで囁きを撃つこともできるということですね。

フリーファイトでやりたい!という人は普段はピースにしておいて、
囁きが必要な時にのみインターセプトにしてみるといいと思います。


またセミオーダーのスキル範囲は癒しのみなのでピースとインターセプトとの違いは無いといえますが
ピースにすることによって詠唱破棄ができるのでもちろん全くないとは言えません。
そういったとてもとても高度な操作を目指す方はインターセプトで運用されるといいでしょう。


私はセミ+ピースでやってます。
フェアリーを使いこなすのは学者にとって至上の命題と言えるでしょう
フリーファイトで全て自動に任せてももちろんいいですが、ぜひセミオーダーでフェアリーを使う戦略性を楽しんでください。


では最後のテーマ
これだけは押さえておきたいフェアリー操作

まず呼び出したらコレでスタート!

セミオーダー切り替えです

/targetenemy
/pac セミオーダー
/wait 1
/pac 追従

フェアリーは呼び出された状態だとフリーファイトです
これだと指示が出せないのでセミオーダーに切り替えます

フリーとセミは敵がいないと切り替えできません
また切り替えた時にその場に待機してしまうので立ち止まってしまいます。
追従も仕込んでおきましょう



お次はやはりどこに行っても必須な手動癒し!
一人前の学者を目指すための一歩目です。

そもそもこのゲームは展開がとてもとてもはやくHPが減ってから動いてたって追いつかないわけです
なのでHPが減ることを予測し、前もって回復魔法を詠唱し敵の攻撃が着弾後回復魔法が発動する
というのが必要になってきます

しかし妖精さんは味方のHPがある程度減ってからでしか反応してくれないわけです
なので手動癒しの出番です


やり方はなにも難しくはありません
ホットバーに光の癒しを登録してぽちるだけ!
さらに楽をするならばフィジクと同じマクロに登録してしまえばいいのです

/ac フィジク <t>
/pac 光の癒し <t> 

といった感じです
学者とフェアリーのアクションはそれぞれ別枠なので/waitもいりません


これと同じようなもので囁き&士気高揚もなかなか相性がいいです
使うタイミングは似ていますよね


/ac 士気高揚の策 <me>
/pac 光の囁き <pet> 

ただこればかりに頼るのではなくて両方単品で登録もしておいたほうがいいと思います
本当に必要な時出せる手札は多いほうがいいわけですから。



お次はよく使う囁きコンボ

/pac フェイイルミネーション <pet>
/ac ラウズ <pet>
/wait 1
/pac 光の囁き <pet>

これに関しては正直マクロ登録せずに別々に押したほうがいいと思いますが
一応こういうのもあるよというご紹介。

妖精はver2.1現在レスポンスが非常に悪くなっています
あまり長いマクロを作っても発動しないこともよくありますので気を付けてください



妖精のレスポンスはほんとに早く治してほしいものですね
どんなに学者を極めんとしてもこの不具合のせいでどうしようもない壁ができてしまっています
この記事を書いているのは公開されるより2~3日前なので2,15より前ですので
書きようがないんですが治っていて欲しいものです('A`)



それでは長くなってしまいましたが今日はこの辺で!
ばいばい( ゜д゜)ノシ

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://meteortomithra.blog.fc2.com/tb.php/57-cda8ec68
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。